【書きました】犬とのアウトドア。ケガ・病気の注意点は?

夏になったら休みを利用して「愛犬とのアウトドアをアクティブに楽しみたい」という飼い主さんがいらっしゃるのではないでしょうか。

今回の「RETRIEVER」のテーマは「レトと楽しむアウトドア」。
犬同伴で楽しめるアウトドアスポット、注意点などの情報がびっしり詰まっています!

わたしも「犬連れアウトドアのリスクマネジメント」について記事を書かせていただきました。

お話を伺ったのは、グラース動物病院院長で帝京科学大学准教授の小林豊和先生。
「アウトドアと愛犬の健康管理」を切り口に、レジャーに出かける前後、水辺での注意点、山での注意点を教えて頂きました。

特に気をつけないといけないな・・・と思ったのが「熱中症」。
自宅の屋上で遊ばせるわずかな時間、駐車場からキャンプ場へ移動させるほんの少しの間に、熱中症を起こした事例もあるそうです。

わが実家の空次郎は、飼い主に似て完全インドア派なのですが、ベランダや庭に出るのは大好き。

家の敷地内でも油断は禁物。
常に犬の様子に目を配り、よく観察しないといけないな・・・と思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です