【書きました】「独居認知症」あなたが知らない強烈な現実

東洋経済オンラインさまで「独居認知症」をテーマにした記事『「独居認知症」あなたが知らない強烈な現実』を書かせて頂きました。

2025年に日本の認知症患者は65歳以上で約5人に1人に上ると推計されていて、しかも、65歳以上の単身世帯は36.9%に及ぶ見込みとされています。
自分や、自分の親にとって「独居認知症」は他人事じゃない問題です。

そして、そのときに気になるのがケアや医療の判断のこと。
認知機能が低下したら、自分にとって「これが良い」と思うケアや医療を受けられなくなるかもしれません。

今回の記事では、自己決定が難しくなる前に、どのように意思決定し、伝える工夫をしておけば良いのかを取材しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です